今ここを見ている方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。

お久しぶりでございます。

ぐうたら管理人、monaでございます。

 

 

紳士ロビーという言葉の響きも遠い昨今ですが、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

PSOBBもそこそこ盛り上がっているようで

1ファンとしてうれしい限りです。

内容がさほど変化していなくとも、根が単純な私はそこそこ楽しんでプレイしておりますが、

やはりDC時代に、皆様とともに毎夜ハジケていた日々は

得難いものであったなあと最近思う次第でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てなわけで、再開。

 

 

 

 

 

 

 

 

航海日誌073

メダリスト魂

 

 

 

 

前回から3日後

いつの話なのか自分でもわかりません。

ていうか、メダルってなんでしたっけ?

集めると何かもらえるんですか。そうですか。

 

 

 

 

 

 

てなわけでメダル収集クエストを集中的にやりこんでおったのですが

あーん。

二人とも欲しい奴をあらかた集めたあげく

クエ内容もすっかり消費しちまったので

もうやることナッシン

 

 

 

 

 

 

 

 

暇だしバトールでもするかそれとも寝るかあ?とか言ってるうちに

私まだメダルとってないんですぅとかいう汁が現れたので

 

 

 

 

 

 

 

 

尻ざーっすも巻き込んでダイブすることにしますた

 

 

 

 

 

 

 

まあおいらは完全に飽きているので

ついていくだけでなんにもしないけどな!

 

 

 

 

 

 

 

 

てなわけで

入室

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

パブロフの犬。

 

 

 

 

 

 

 

ちるちるさん降臨

念のために言っておきますが

普段はちゃんと挨拶してるのですよ?

このように。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今回は効率よくメダルをゲトする方法がすでに確立されているので

前回と同様チーム分けして

 

 

 

 

 

 

 

さっくりとクリアすることにした

 

 

 

 

 

 

 

飽きてる二人をよそに

メダルに目を血走らせている

尻ざーっすとちるのおかげで

 

 

 

 

 

 

 

のっそりゆったりテキトウに、が信条のMonaが

トロトロ進む間にペンペン草一本残っていない有様

 

ていうかナビになってねえ

 

 

 

 

 

 

 

地獄広場手前でやっとこさ追いついたので

早速無駄話。

露骨にシカトされました。

(あたりまえだ)

 

 

 

 

 

 

 

いいじゃないですか

だって 短いじゃないですか

 

 

 

 

 

 

 

 

そして後ろでこっそりとカメレオンを振り回してみるテスト

「ナビする気あるんですか?」

「無いです」

 

 

 

 

 

 

とはいえこれでメダル取れませんでしたーという結果になり

もう一度潜るのも癪なので

中盤はまじめに進もうと決意してみる

 

 

 

 

 

 

 

だが

ポイントに到達しても

メダルでてこない罠。

この際はっきりさせておきたいが

おまえら絶対俺らのこと嫌ってるよな

なあソニチ。

 

 

 

 

 

 

 

ってまあただのラグなんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず一個ゲットしたので

この調子でいってみましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

とかいって次の瞬間

ペタンコプレスの餌食になるちるたん

 

 

 

 

 

 

見つめ合う二人

 

 

 

 

 

 

 

別れ

『さよなら、姉さん…』

 

 

 

 

 

 

そして再会

Monaの胸(と腹)にうずくまるちる

ハァハァ

 

 

 

 

 

 

思わず

股間チャクラ全開

ハァハァhhァァhァ

(今とやってること変わってない…)

 

 

[航海日誌074へ]

 

このページで使用されている画像は(株)ソニックチームの許諾を得て、
ドリームキャスト用ゲーム「ファンタシースターオンライン」よりキャプチャーしたものです。
配布や再掲載は禁止されています。 (C) SEGA / SONICTEAM, 2000, 2001