航海日誌060

Paint it White.

 

 

皆さんこんばんは。

さて、皆さんは傘の部屋というのをご存知でしょうか。

 

 

 

紳士ロビーの良い子なら誰でも知ってる傘の部屋・・・・・・

それは「マダムの雨傘」をとるためだけ

オンラインで森を1000周近くしてる方々の秘密の花園である。

 

 

 

なお2001年9月下旬での出土数は・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼロ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虚無。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボウズ。

O-Detteさん2000週目指してがんばってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、さすがに根性の無いMonaは

1000周もする気が無いので

他に何か取れそうなよさげなもんないかな〜と探していると

 

デモニックフォーク?

聞いたこと無いな・・・・・・

PINKAL遺跡かぁ。

 

 

 

 

 

 

 

IDはあってるし、

とりあえずまったりと100周くらいしてみようかな・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォーク部屋「マターリお食事」作成。

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30分後、出土。

いいのかこんなんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにもかくにも、

ver1からずっと続けてて始めて自力でいいもんゲットしたああああ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで

記念に

コスチュームチェンジしてみる。

色はもちろん清純な白よホホホ。

 

 

 

 

 

 

 

さっそく紳士ロビーへ侵入。

なんとなく絶望感と呆れの混じった「白い・・・・・」が

あちこちから発せられる。

ホホホ快感だわ。

 

 

 

 

 

 

 

ロードがギコギコやかましく音を立てながら終了すると、

すみっこにMonaを食堂のおばちゃん呼ばわりした

にっくき蒼尻発見。

どうよ?

新しい私は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BERNIE『給食のおばちゃん?』

 

15秒で新たなあだ名定着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうイヤ〜こんな生活!

とUS鯖紳士ロビーに逃げてみると

いきなり妊婦扱い

何でだゴルァ!とツッコム間もなく浴びせられた

「誰の子?」の質問に

いきなり緊張する男性キャラクター郡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

該当者いなさそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで

のこのこやってきた蒼尻に責任を押し付けるMona

YOSSIE『馬(ヒューマー)が生まれたらどうするの?』

Mona『間引きする』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか盛り上がってしまったので

そのうち新キャラを作らねばなるまい

うーんナニ作ろうかな・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jey「名前はギコとかモナーとか?」

 

今だってされてるのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしこの発言がきっかけになって

突発的に「公式BBSごっこ」開催。

 

 

 

 

「封鎖しちゃうよ?」

「Gバト無いと無理w」

「180スプニ配布します〜(笑)」

「チー〇関連の話は禁止になっていますので(苦笑)」

「小説の感想書いてくださいね☆」

などの微笑ましい公式ワードが繰り広げられる。

 

 

 

 

 

 

 

しかし30秒もたつと

「公式ごっこUZEEEE」の声が響き始めたので

(つーかいってる私もカナーリ嫌な気分になった)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォークの試し斬りに

森へ潜ることにした

すると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなり真っ白ハニュことEMILYたん乱入

いいネタを提供してくれそうだ〜

とほくそえむMonaであった

 

[つづく]

 

このページで使用されている画像は(株)ソニックチームの許諾を得て、
ドリームキャスト用ゲーム「ファンタシースターオンライン」よりキャプチャーしたものです。
配布や再掲載は禁止されています。 (C) SEGA / SONICTEAM, 2000, 2001