航海日誌054

journey to the starz

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日、Monaはきまぐれで元の古巣、US13アンブリエルに降り立っていた。

 

 

 

 

 

 

 

黄色ネームに混じり

ちらほらと白ネームのE表示の方が混じる

日米混在ロビー13-1-1。

 

とっとと友人たちの待つ8ロビーへ移動しようとするMonaの前に

一人の日本人が。

 

 

 

 

 

 

 

「航海日誌いつも見てますよ」

「あ、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」

 

そんなたわいのないやり取りがありなんとなく

1ロビーに佇んでいると・・・・・・

 

 

 

 

A「S H I T! i lost items.....」

B「u lost connect?」

A「ive killed by grants PKer......」

 

 

 

ヤレヤレ、物騒なところだなあと

移動しようとすると・・・・・

 

 

 

 

 

 

B「Hi>mona」

 

 

 

 

 

 

 

うえ、俺かヨ・・・・・・

何で名指し!?

 

 

 

 

 

 

 

B「can u speak english?」

mona「ah...little. hello B」

ウソ。

悪いが俺は高校の英語で78点(注:200点満点)を取った男ですよ?

 

 

 

 

 

 

 

B「do u play PSO long time?」

mona「ya. 500 hours more.」

B「:-) i played 400 hours.」

A「could u tell us about ver2?」

なるほど、米国ではver2の情報不足らしい。

つーか日本人も外国人も何でそんなにPSOばっかやってますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mona「あー、アルティメットははっきり言ってあんまし変わらないですね。

ステージはライティングが変わったくらいだし(英語)」

A「ふむぅ(英語)」

mona「でもPvPは面白いですよ。宇宙船カコイイ(英語) 」

B「課金されるってマジ?(英語)」

mona「そうみたいですね。日本はver1から課金されてますけど(英語)」

B「くそ、セガ死ね(英語)」

反応が日本の厨房とかわんねーよ兄ちゃん・・・・・・

400円じゃねーか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A「電話代とプロバで25$もかかってんのに

これ以上金とんのかヨ(英語)」

B「金取るなら俺はヤラネ(英語)

おいおい、日本人は50$以上はらっとるよ・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A「職業とかアイテムとか増えたの?(英語)」

mona「アイテムはちょっと増えました。相変わらず出ませんけど(英語)」

B「フリーズバグは?(英語)」

mona「それは無くなりました(英語)」

A「そーかそーか。んじゃあ黄色ウゼエからどっか逝け(英語)

mona「お前が氏ね(日本語)」

やー、やっぱ俺肉食ってる奴らとは仲良くなれないワ・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腹が立ったので紳士ロビーにもどることにする。

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

今日こそver2のステキなアイテムが欲しい!

と厨房度全開のMonaは

珍しくすすんでチーム作成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

とりあえずさっきの外人厨房をさらしあげ

怒っちゃうよ?Ca取ってないし。

しかしああいうイベントはネットゲーならではのもんですなあ。

 

 

 

 

 

 

 

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

今日のオトモダチは

ロボボハンターMSZ-006たん、

赤フォニュOverloadたん、

そして晒しを恐れつつ日記に出れる、これで俺もメジャーだ!

とかいってる何かかんちguyのGuy(4th)(敬称略)。

 

 

 

 

 

 

 

 

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

部屋の外からギフォイエとか

索敵範囲外からのグランツなど

オフでこれ以上無いティキ〜ンな戦い方を続けたおかげで

すでにUltのDFまでコマを進めたmona。

問題はどこに潜るかですが・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

それならどこいったって同じだよね!

ってことでなんとなく坑道。

 

 

 

 

 

 

 

 

坑道に降り立つ我々

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

をを、Overloadたん変なマグつけてる!!1!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

ドゥルガーらしい。

くう、ver1の普通のマグでココまで目立てるなんて・・・・・・

一生の不覚〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

そして別の意味で目立つ装備のGuy。

イヤーそのおもちゃ剣、とってもヒューマーに似合うねえ。

ちなみに皮肉だけどな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦闘開始

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

とりあえずラフォイエで多い日も安心!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

目の前で突然凍りだすギルチッチ。

これがウワサのロボトラップ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後もMSZたんはフリーズや混乱を巻き散らかして

敵ロボボが文字通り大混乱

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

すげー楽だ!

ロボ万歳!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

まさに「職人」と化した感のあるロボボ旦那。

レベル30ラバータの立場がないよ中たん!

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

満場一致でヒューマーの存在感が失われました

 

 

 

 

 

 

 

失意のGuyたん

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

(C)SEGA / SONICTEAM,2000.

鉄郎、

世の中に絶対ということは

絶対にないのよ・・・・・・

 

 

 

(なお前回のネタフリは後半に続くことがあきらかにされた)

[航海日誌055へ]

 

このページで使用されている画像は(株)ソニックチームの許諾を得て、
ドリームキャスト用ゲーム「ファンタシースターオンライン」よりキャプチャーしたものです。
配布や再掲載は禁止されています。 (C) SEGA / SONICTEAM, 2000, 2001